2012年8月19日日曜日

県立高校定時制サッカー部員の夢に向かって!★連載・下

私たちが応援する、岐阜県内にある県立高校定時制サッカー部が、第22回大会全国高等学校定時制通信制体育大会に出場しました。
そして、祈願の全国大会1勝を果たし、リフティング大会では見事優勝しました!

開会式は、2012年8月3日金曜日に、静岡県にある清水総合運動場陸上競技場で開催され、私たちは、開会式とリフティング大会のようすを取材しました。
以下、その内容をご報告します。


こちらの映像は、当日の様子・ダイジェスト版です。
(携帯などからもご覧いただけるように、画像を落としましたのでご了承ください)。

video

大会プログラムより抜粋—
大会プログラム




●チームの特徴
 本校は、外国籍の生徒が約4割を占めます。サッカー部は部員18人中16人が外国籍であり、そのうち、ブラジル国籍が15人です。外国籍ということで、なかなか安定した仕事に就けず、派遣会社に登録し、不安定な収入で働きながら、学校に通っております。学校では、日本語とポルトガル語を使い分け、クラスメートやチームメイトと仲良く交流し、明るく元気に学校生活や部活動に取り組んでいます。

●この大会に対する抱負(監督)
 月曜日から金曜日まで、毎日短期集中で練習に励んでいます。サッカーに対する熱い想いは部員一同誰にも負けません。試合終了まで全力で勝負し、ブラジル魂(とアルゼンチン魂と大和魂)を見せつけられたらと思っております。


リフティング大会で見事優勝した
荒巻カイオくん





カイオくんを応援するチームメイト「ブラジル~!か~も!」


これからもがんばるぞーー、オーーー!!! バスのなかにて




彼らたちの今後の成長と活躍を楽しみに、私たちは彼らたちをずっと応援していきます!
                                     

                                                     連載終り